パズドラ

転生ルシャナ降臨が難しすぎたので自分用攻略メモ

パズドラがついに9周年を迎えましたね! 僕もパズドラ歴がもうすぐ8年になりますし、パズドラにはこのまま10周年、そしてそれ以降と続いていって欲しいものです。

さて今回は、その9周年の記念生放送中に降臨した転生ルシャナ降臨についてです。最近お気に入りの炭治郎パで壊滅級は勝てたのですが、絶壊滅級がどうしても無理で(理由の9割はボス戦でのリーダーチェンジw)専用編成を考える必要があったため、今後クエストなどで再登場した場合に備えて自分の攻略方法をメモしておきます。他の方の参考にはならないと思いますが、僕がこんなことを考えて攻略しているんだなと思ってもらえれば。

編成はこちらのメノアルジェです。

Q. なぜメノアルジェなの?
A. リーダーチェンジ耐性がアルジェにしか付いていなかったから。さすがに炭治郎のスキル遅延耐性を変えるわけにはいかないからね。

Q. なぜお邪魔目覚め耐性ではなく毒目覚め耐性なの?
A. ヴァレリアにもともと付いていたから。お邪魔目覚めは別の方法で対処します。

Q. さすがにイズイズより良いエンハンス役がいるんじゃない?
A. サブだから仕方ない。でも意外とかみ合っているので後ろの方を読んでみて。

B1が何気に大変です。善逸で遅延させたのち敵の最初の攻撃をアルジェ変身時の軽減で受ければ次の善逸のエンハンスまで確実に耐えられます。しかしサブを対神タイプに寄せているので小鬼が結構固いです。

B2の覚醒無効からの超暗闇は同時に対策できるスキルを持っていなかったので、ヨグの覚醒無効回復+超暗闇でも分かる光回復の2色陣で対策しています。

B3のインドラも難敵。オロチで遅延させて軽減は張らせないで、アルジェの無効貫通とカラットの6.7倍エンハンスで無理やり突破します。神タイプじゃない敵が本当に厄介。

B4のお邪魔目覚めはサブのフェンリル=ヴィズで上書きして対処。アシストしている光シェリングのスキルは(サブ側のものは)使いません。

B5は攻撃力激減を善逸、ルーレットをメノアで対応します。多色パなのでロック前のルーレットで欠損を回避できるのが地味に便利。

B5をサブで突破することによってボス前半のリーダーチェンジは無効化。ここは特にダメージ無効や軽減がないので神キラーでワンパンできます。この時、光シェリングのスキルを使っておきます。

ボス後半ではスキル遅延を受けますが、ここでイズイズエンハのヘイストのおかげでメノアのロックスキルが使えるようになります。

超根性発動後はパスして再びサブで攻撃。神キラーの暴力とイズイズの闇エンハンスのおかげでギリギリ倒しきれます。善逸で指延長したくなりますがエンハンスを上書きしてしまうので我慢。

編成を色々試していたら希石がこのくらい貯まりました。ちゃんと専用編成を組めば安定クリアはできるのですが、パズドラはアシストを含めた編成を保存しておけないのがちょっと不便です。ちなみにメインは最後のパスの時に誤ってリタイアしてしまう事故が多発したのでこれより少ないですw

それでは、次回また転生ルシャナ降臨をクリアする必要が出た時に自分がこのメモを書いたことを覚えていますように!w

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です