パズドラ

意外と難しかった8周年記念杯

実は今週は少し遅めの夏季休暇で休みだったりしますw シオンですこんにちは!(・∀・)

ランキングダンジョンの8周年記念杯が開催されていますね。僕の中では王冠獲得が今のパズドラの最重要事項なので、今回もちゃんと王冠圏内確実と思われるスコアを出しておきました。

そういえば前回のアップデートで好きな王冠を設定できるようになりましたね。僕は王冠の見た目には特にこだわりがないのでそのままにしてありますが、この場合新しい王冠をゲットしたら自動でそれに変わるんでしょうか?

それはさて置き、今回のランダンはリーダーとフレンドが固定で、王冠ボーダーも8%とおそらく今までで一番緩いです。1マスのルーレットが常に存在するもののダンジョン自体も簡単なので参加者が少なくなることもなく、王冠ボーダーは楽勝だと思っていましたが、思っていたよりも難しい印象でした。

今回の立ち回りには大きく2つがあり、1つは僕のように普通にパズルを組むもの、もう1つはエンマ大王(海馬でも可能らしい)を入れて1バトルを確定10コンボで突破するものです。後者の方がスコアの面でも試行回数の面でも有利なものの、エンマ大王を持っている人は全体の数%しかいないだろうからそれほど影響はないだろうと考えていたのですが、案外持っている人が多かったのかも知れないですね。

ちなみに僕はランダンはガチ寄りのパズドラーですが、高レアのキャラは所持者が少ないだろうというのと多少のハンデならパズルや立ち回りで乗り越えられるだろうと考えているので、ランダン向きなキャラを手に入れるためにガチャをたくさん回したり交換所を利用したりすることは基本しません。絶地獄級杯でのエレンだけはコラボ期間中ということもあって引く人が多かったせいか、僕も引かざるを得ませんでしたが。

ルーレットパズルに慣れていなくて苦戦したというのもありますし、そもそも欠損率が高くて諦める場面が多かったのも苦労を感じた要因かも知れません。あと実は僕、最後の確定10コンボ盤面のパズルがなんか苦手なんですよね。昔あった白蛇の地下迷宮のラストの確定10コンボ盤面(+操作位置固定)も手こずった記憶があります。最近パズル力が衰えてきているので、プルートを使って練習でもしましょうかねw それでは今回はこの辺で!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です