パズドラ

地獄のランキングダンジョン全国eスポーツ選手権2021杯

今までで最も苦戦したランキングダンジョンといえば絶地獄級杯2ですが、今回の全国eスポーツ選手権2021杯も個人的にはこれに迫るほどの地獄のランダンです。

残り2日を切った土曜日の夕方時点でのスコアがこんな感じで、ボーダーはどうやら156,952のようです。王冠を取れるかかなりギリギリのラインですが、これ以上を狙うのはさすがに時間の使い過ぎと感じているので、取れなくても仕方がないかなと思っています。

今回は「王冠を取るには8コンボを組め」と言われているようですが、ご覧の通り僕の平均コンボは7.4で、この時は6→7→8→7→9コンボと8コンボ以上は2回しか組めていません(苦笑)。僕の苦労の道のりと一応裏技っぽいものを書いていきたいと思います。

…とその前に。

今回のランダンはクリア自体はとても簡単なので、普段ランダンをやらない方も是非スタミナ25を使って初クリア報酬+αを獲得してください!!(切実)

ダンジョンの概要

5色の番人を倒すだけの簡単な内容ですが、以下の特徴があります。

  • 落ちコンなし
  • 操作時間4秒(敵を一撃で倒せないと20秒に延長される)
  • 固定チーム
  • スキル使用不可
  • 消し方ボーナス実質なし
  • 各階の敵の先制攻撃で盤面が変換される

キツいのは赤文字の項目で、まず落ちコンなしなので運で平均コンボを上げることができません。それに加えて操作時間が4秒なので少しでもミスや迷いがあれば8コンボどころか敵を倒せる6コンボすらできるか危ういです。それなのに敵が先制で盤面を変換してくるので事前にパズルを考えることすら許されません。

現在のスコアを取るまでの道のり

僕は全体で見ればパズルはうまい方ですが、じっくり考えてから組むスタイルなので、今回のように直前で変換される盤面をすぐに動かすというのは大の苦手です。考えようとすると動かし始めが遅れますし、だからといって動かしても動かし続けることができず、どうしても途中で指が止まってしまいます。

具体的にはバトル1の確定10コンボ盤面も半分くらいは6コンボを組めません(苦笑)。最初の4秒パズルで2回に1回くらいは諦めることになるので、すごいスピードでスタミナと魔法石が減っていきます。2回に1回といっても人には波があるもので連続で失敗することも多くメンタルも削られていきます。

当初は平均コンボ7.6、残りタイム219秒の157,500点を狙っていました。これは例えば5バトルのうち8コンボが3回と7コンボが2回、あるいはB1が6コンボで残りが全て8コンボで達成できますが、何度も挑戦しているうちに僕の今の実力で現実的に達成できるものなのか疑問に感じてきました。

そこで理系っぽく、挑戦時のコンボ数をExcel(実際はLibreOffice Calcですが)に記入していき、僕の今の実力を可視化してみることにしました。果たしてバトル1の突破率や8コンボを組める確率はどうなのか? ひたすら数字を記録していきました。

合計1,000回分!w

バトル1の突破率は体感通り約半分でしたが、最大で8回連続失敗しているところもあって心が折れそうになりましたw 7コンボ以上は5~6回に1回しか出せていないので、この時点でかなり厳しいことが分かると思います。ちなみに1,000回以上やってもバトル1で10コンボは一度も組めませんでした(苦笑)。9コンボは集計中を含め3回出しています。

そしてほぼ3色盤面のバトル2以降も理想の8コンボ以上を組めるのは10回に1回くらいで、これを出し続けることを期待するのはかなり無理があることも分かりました。いい感じで来ていても約3割の5コンボ以下を引いたらそこで終わりですしね。

このようにデータ上では平均7.6コンボ狙いはかなり無謀であり、実際にこの1,000回中でも一度も達成できていないのですが、1コンボ不足の平均7.4コンボは6回出しており、これが逆に「あと少しで達成できる!」という気分にさせてしまうんですよね。

ちなみに週末にはどうしても別のことに時間を確保したかったので、ランダンの挑戦とこの記録は主に平日の夜に睡眠時間を削ってやっていましたw ですのでコンディションはどちらかと言うまでもなく良くなかったですし、現在の最高スコアは1,000回の記録を終えて一旦十分に休み、今日の昼にリフレッシュした状態でトライして出したものです。

途中で考えた裏技的なもの

さて、何度やっても王冠ボーダーに届かない場合は、主に次の2つの方向が考えられます。

  • ひたすら練習して自分の実力を上げる
  • 運次第で高スコアを取れる方法を取り入れ、うまく行くまでひたすら試行回数を重ねる

今回は落ちコンなしなので運要素は少ないと思いがちですが、バトル2以降はほぼ3色陣となるので陣ポイで残りタイムのスコアを稼ぐ方法が一応使えなくもないです。平均コンボと残りタイムの関係については以下のことが言えます。

  • 1コンボ増えると平均コンボが0.2上がるので、平均コンボのスコアは1,000増える
  • ただしドロップが消える時間も1コンボ分の0.4秒増えるので、残りタイムのスコアは200減る
  • よって残りタイムを1.6秒増やすことは1コンボ余計に組むのと同じである

なので、例えば次の2つは同じと考えることができます。

  • 操作時間を4秒使って8コンボを組む
  • 操作時間を0.8秒使って6コンボを組む

これより、陣ポイでうまいこと6コンボが出れば8コンボを組めたことと同じになります。変換後簡単に1~3コンボ組める部分が見付かれば組むようにすると成功率も上がりますね。

ただし、3色陣かつ落ちコンなしなので2~4コンボで終わることが多く、落とし(あるいは連鎖。ドロップが落ちてからまた消えること)も発生しやすいです。ちなみに落としは28フレーム(28/60秒)なので200~250点のロスとなります。どうしても王冠ボーダーが無理な時は、バトル2でやってみて6コンボ以上を期待するのも最終手段としてなくはないと思います。そもそもバトル1が突破できないということであればこれすらも使えないのですが…。

ちなみに僕はこの最終手段は使わず、番人のほぼ3色陣をひたすら喰らい続けて(組んでは崩すを繰り返して)練習しました。この短期間で実力を上げられるとは思いませんが、慣れと何となくの感覚はつかめたと思います。あとはやっぱり睡眠が大事!w

記事を書いていたら18時になりましたが、まだ4.4%を維持しています。このまま逃げ切れたらいいなぁ。それでは最後に改めて。

ランダンをまだクリアしていない人はぜひ初クリアだけでもして下さい!!(切実)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です